住宅ローンバンクとは

住宅ローンバンクとは

住宅ローンバンクとは

ie
住宅ローンはいつでも借り換えができることをご存知ですか?
でも、あなたがローンを借りている銀行は借り換えを勧めてはくれません。なぜなら、あなたの払う利息が銀行の収入だからです。

下図のように借り換えによって1%金利が下がると、1,173万円だった利息は556万円になります。あなたは617万円利息を払わずに済み、銀行は617万円の収入を失います。

このように銀行は自らが損をするような情報を絶対に教えてくれるはずがないのです。

当店は銀行のように金利で収入を得るお店ではありません。あなたにとって、どうすれば一番得するかを一緒に考えるお店です。お気軽にご相談ください。

img-07img-08

住宅ローンの金利タイプ

代表的な金利タイプには、次の3つのタイプがあります。

1 固定金利タイプ

全期間固定金利型

固定金利タイプは借り入れたときの金利が全期間変わらないタイプ

kanzen

メリット

  • 借入時に返済期間全体の返済額が確定できる。
  • 借り入れ後に市場金利が上昇しても返済額は増加しない。

デメリット

  • 借り入れ後に市場金利が低下しても返済額は減少しない。

2 変動金利タイプ

変動金利型

金融情勢の変化に伴い返済の途中でも定期的に金利が変動するタイプ

hendou

メリット

  • 借入後に金利が低下すると返済額が減少する。

デメリット

  • 借入後に金利が上昇すると返済額が増加する。
  • 借入時に将来の返済額が確定しないので返済計画が立てにくい。
  • 借入後に金利が急上昇した場合、未払利息が発生する場合がある。

2 変動金利タイプ

固定金利期間選択型

「当初○年間○%」など、一定期間に固定金利が適用されるタイプ

kotei

メリット

  • 固定金利期間中は返済額が確定できる
  • 固定金利期間終了後に金利が低下すると返済額が減少する。

デメリット

  • 固定金利期間終了後に金利が上昇すると返済額が増加する。
  • 借入時に固定金利期間終了後の返済額が確定しないので返済計画が立てにくい。

住宅ローンのリスク

住宅ローンには次のようなリスクがあります。リスクへの対応を考え、住宅ローンを選ぶことが大事です。

POINT ① 「生命」のリスク

pixta_20758586_XL

返済中に万が一のことがあったら残った家族が心配・・・
⇒「保険」があります。⇒「団体信用生命保険」
→ 団体信用生命保険に加入していれば、住宅ローンの残りの債務が全額弁済されます。
※ご加入に当たっての条件(加入の可否に関する条件、保険料の支払方法等)は商品により異なります。

 

POINT ② 「火災」のリスク

pixta_8564863_M

大切なマイホームが火災で・・・
⇒「保険」があります。⇒「火災保険」
→ 火災保険には様々な商品がありますので、ご自分にあった商品をお選びください。
※一般的に、ご返済が終了するまでの間、お借入の対象となる住宅に火災保険を継続して付けていただくことが住宅ローンの条件となります。

 

POINT ③ 「金利変動」のリスク

pixta_10517257_XL

市場の金利が変動したら、返済中の住宅ローン金利はどうなるの・・・
⇒「保険」はありません。
→ 変動金利型や固定金利期間選択型の商品の場合、ご返済中に借入金利の見直しがああるため、借入金利が上昇し、ご返済額が増える可能性があります。
→ 全期間固定金利型の商品の場合、返済中に市場金利が低下しても、借入金利の見直しはないため、お借入時の金利のままでのご返済が続くことになります。

無料シュミレーション実施中!お気軽にご相談ください。

平成24年以前にお家を購入された方、金利上昇のリスクが心配な方、これからお家を建てる方、ご相談は何度でも無料です。
無理な勧誘や、強引な契約もございません。まずはお気軽にお近くの店舗までご連絡ください。

 無料相談を予約する

保険相談バンク・住宅ローンバンク店舗

運営会社

site_id

PAGE TOP